<< 無口な女とよくしゃべる女 | main |

スポンサーサイト

  • 2009.05.26 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


バブル崩壊なの?

 テレクラにいろいろ規制が出来て飽きられたのもあるのか。本当に電話の鳴りが悪くなった。俺はお父さんに「全然テレクラ行っても女の子から電話かかってこないんだよ。」って話したら「バブル崩壊したんだね。」っ言って笑っていた。え?バブル崩壊なの?なんのこっちゃ。でも、こんなこと言える親って面白いだろう。数少ない電話でもこつこつ拾えばいいことあるかもって岡釣り師である俺は成果があがらなくても気が向いたらテレクラに行っていた。最初みたいに気狂いみたいに通わなくなったがね。電話が鳴らないければ客は来なくなる。電話をかけても電話を取る相手がいなければ電話をかけなくなる結果電話が鳴らなくなるという悪循環に陥いるころのこと。俺は千恵美を捕まえた。美人さんではない。でも自分はいけているっていう勘違い女だった。ちょっと俺はインテリなところみせるとういか先日読んだばかりのギリシア神話の話を知ったかぶりをするってえと。ちょっとこの女インテリが好きなのか豪い喰い付きがいい。なんかきたきたってかんじだよ。妙に会いたがるので俺は文通することにした。まず、写真送らせようと思った。話した結果住所教えても大丈夫そうなんでね。写真をみると美人さんではなかった。でも、妙に俺と会いたがるし見た目悪くても俺のこと好きならいいかなと思った。会うまでは結構俺好かれていたんだよね。妙に好感触だったもん。彼女は読書家でいつも本読んでいるようだ。男はつまらん男ばかり付き合っていたようだがね。夢を見ているんだろう。俺も夢見て生きているけどね。あんまり現実が苦しすぎて現実とは向き合えないからね。かなしすぎるかい?この読書好きの女とは本屋で待ち合わせした。写真もっているからどの子って分かるからね。時代小説の本買っていた。俺は基本的に日本を舞台にした小説は読まない。中国の歴史はよく読んだ三国志とかな。ちょっと高級なスパゲッティ屋。今じゃパスタって言うのか。お好み焼きとかラーメンやうどんは何でパスタっていわないんだろう?彼女と食事行った。彼女と夕焼けが美しいデートコース行くとロマンチストの彼女は雰囲気に酔っていた。身体ががくがくになっていた。ホテルに行くと友達から「すぐ身体許すからへんなのばっかりにひかかるのだから今回は簡単に許すな。」って言われたそうだ。しかし、お手軽に出会いを求めようとしてそんな立派な方と知り合えるものなのか。俺はあきらめているよ。出来たら容姿の美しい人がいいな。それか性格が良くって俺のこと全て受け入れてくれるひとがいいなって思っているけど。そんな淡い夢もかないそうにない。彼女の友達がどう言おうとせっかくのチャンス逃したらいけない。そのころは精力絶倫だったからね。今は違うけど。いつも破裂しそうだった。お願いにお願いをして土下座せんばかりの勢いでお願いして相手してもらった。これまた彼女はテクニシャンで俺の人生で一番だった。それだけで結婚したくなったくらいだ。その後も会っていたのだが彼女の熱も冷めてきて連絡がなくなってきた。俺はお見合いパーティで知り合ったお姉ちゃんたちとデートしていたので俺のほうからは連絡しなかった。

スポンサーサイト

  • 2009.05.26 Tuesday
  • -
  • 22:16
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
ランキング
selected entries
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM