<< キミとの出会い | main | 体臭 >>

スポンサーサイト

  • 2009.05.26 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


居候の女

 キミが居なくなったことにきずいた俺は財布の確認をしたところ財布は無事であった。中身も取られていなかった。ちょっとほっとしたのだが。だけど、今度はキミのことが心配だった。実はこの日はすっごく天候が悪く台風が来てた日だった。風もつよく大雨で大変な日だった。心配だったのでキミのアルバイト先に顔を出すと驚いてとてもいやな顔して俺から逃げていた。ああ、嫌われたんだなってはっきりわかったので深追いはしなかった。そのあとも俺は懲りずにまたテレクラに入った。今度は直美とかいう女性だった。自称25歳とか言っていた。家出してきたので住む場所がほしいという話だった。今は知人の家に居候していてそこから電話していたそうだ。彼女に寄れば今いる場所に来いというのだ。そんな居候先に行っても大丈夫なのか。コーポカトー102号室にいるからというので実際訪ねて行ってみた。訪ねて行って見るとそこには電話の声と同じ声の女がいた。実際に会ってみると30歳くらいかなと思った。そのアパートはワンルームマンションで何故か家にあるものは男物しかなかった。俺がいる前で何故か電話をしだした。「また、あんたか。することないのか」。どうもまたテレクラに電話している。電話に飽きたのか今度は俺とおしゃべり出した。いるうちに俺も催していたので彼女を誘ったらなんと俺と合体した状態でまたテレクラに電話しておしゃべりしている。俺のほうは出すものは出した。ことがおわったとき、「友だちが帰ってくるから帰れ」と言い出した。その後は彼女とは会っていない。実はそのとき電話番号を聞いていたんだけどその後、電話にかけると男性が出た。彼女はテレクラで知り合った男のところに転がっていたんだ。その後、テレクラで彼女と話機会があって近況を話機会があった。また、いろいろ転々あっちこっちに転がりこんで生活していると話していた。

スポンサーサイト

  • 2009.05.26 Tuesday
  • -
  • 19:42
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
ランキング
selected entries
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM