<< 中絶の女 | main | 障害 >>

スポンサーサイト

  • 2009.05.26 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


体重80

 いつものようにテレクラでアポとって約束の場所に行くと約束の時間から15分くらい遅れて大きな身体の女が乗り込んできた。イメージは女子プロレスラーみたいなかんじかな。なんと体重80圓△襪箸いΑなれなれしいい女だ。正直見た目はかわいいとは思えない。ちょっと身の上話を聞いてみた。名前は恵子。高校は中退して今は工場で働いている。父親は身体を壊して無職で母親もパートで工場に勤めている。初体験はシンナー吸っていてよく覚えていない。昔は細かった。べらべらと身の上話をしてくれた。そこで気になるというかひかかったのは行っていた高校の話である。いつもいくテレクラで知り合った女の行っていた高校は2校に絞られた。なんかパレートの法則みたいだ。賢い子は行く学校ではないけどあんまり勉強の出来がよくないけど真面目な子が行けば必ず不良になってしまう学校。不良養成校だということだ。それまで出会う子たちにも尋ねた「もしかして学校って不良養成校なのか」っていうとそうだという。学校なんて行ってもしょうがないと思って中退する。学校の宿直の先生が寮にいる学生と寝ているっていうんだから先生も腐っているのだからしょうがないはな。そんな話をしながら行くとホテルにつくといきなり「これってホテル直行じゃん?」って言うので「今までドライブしたじゃん?」って俺は返した。その後、何故か彼女に気に入られ何度か逢瀬することになるのだがね。とてもしつこく嫌気させてきた。いつもあっさりした関係だったのでこうしつこいとうんざりする。女って面倒なものって初めて思った。これが美しい女性だったら俺も逃げ出すことはなかったのかもしれないが。

スポンサーサイト

  • 2009.05.26 Tuesday
  • -
  • 10:12
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
ランキング
selected entries
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM